平安神宮蒼龍楼
(そうりゅうろう)

 平安神宮大極殿の正面に向かって右が蒼龍楼、左が白虎楼で左右対称に位置しています。

 外拝殿の大極殿から東の蒼龍楼、西の白虎楼へは長い歩廊でつながっています。

 蒼龍楼が国の重要文化財に指定されました。明治時代の建造物で重要文化財は珍しいものです。

平安神宮についての説明と写真と地図は平安神宮をクリックするとご覧いただけます。

平安神宮蒼龍楼の由緒

蒼龍楼(そうりゅうろう)

            国指定重要文化財
この楼は、西方の白虎楼(びゃっころう)と共に平安京朝堂院(ちょうどういん)の様式を模したもの である。屋根は四方流れ・二重 五棟の入母屋造(いりもやづくり)・碧瓦本葺(みどりがわらほんぶき)が施さ れている。
蒼龍・白虎の名称は「この京都が 四神(ししん)(蒼龍(そうりゅう)・白虎(びゃっこ)・朱雀(すじゃく)・玄武(げんぶ)) 相応の地」とされたことに因(ちな)むものである。
 建坪 二五坪
     (約八二.七平方メートル)

 桁行並び梁行 三二.五尺
     (約九.八五メートル)
上の文は蒼龍楼に掲示されている駒札説明板(下の写真)を再録しています。

平安神宮は別サイトの平安神宮をご覧ください。

 
●平安神宮関係のページ

     
     

index